韓国カラコンで翻弄されることもない

両立できるの韓国カラコンで安全に装着するということを

ラブコンといえば1年使用のカラコンだけど送料無料ですね。韓国からの直送にしては珍しいですね。デカ目重視もハーフ系もナチュラルeyeもあるから好みのが見つかるといいね。ブログ形式で装着画像を交えながら紹介していきます。

 

今回は若い女性に人気の「ラブコン カラコン」を紹介していきます。
スマホやモバイルから閲覧できる公式サイトを見れば分かることですが、シリーズはかなり豊富です。
盛れるデカ目効果がある高発色のカラコンを想像するかもしれませんが、決してそういう類のものばかりではありません。
ハーフ系や外人風なものから学校や会社でもばれないようなシンプルでナチュラルなタイプまでかなり幅が広いです。
リニューアルされてからいろいろ変更されたところもありますが、内容としては非常に分かりやすいかと思います。
例えば価格については今は2枚左右両目セットで3,480円です。今後変更される可能性はありますが、今のところの値段がそれです。

 

価格だけを見ると標準的、平均的に思えるかもしれませんが、総支払額を考えると安いと感じるかもしれません。

 

それでは少し違う角度から考えて見ます。ラブコンの安全性についてです。
KFDAの安全検査に合格して承認を受けているレンズということですので安全性については心配はしていないのですが、そもそもどんなカラコンでも危険なものと思っておいたほうが良いと私は思っていますので、それで大丈夫だろうとう気持ちにはなりません。
ブログやレポを見ててもこの辺りのことに触れてる人は少ないと思いますが、やはりお手入れのことも含めて考えないといけないと思います。

 

もう一点だけ書いておきます。それは直径のことです。シリーズが多いラブコンですが、直径は2種類です。14.0mmと16.0mmですね。
ベースカーブや含水率も2種類のはずです。
ですので、大きいサイズにするか小さいサイズにするか、あとはデザインで決めることになるかと思います。
マリーだけ今のところ「度なし」のみですが、それ以外は度ありもありますし、度数の幅も広く、-8.00までか-10.00までのタイプになります。
私が思う安全な韓国カラコンの定義について

 

前置きはここまでにして、ようやく本題の安全性についてです。情報が多すぎるし、意見をコメントに載せる女性もとんでもなく多いですから、そういうコメントを見ては考えを繰り返していても、きりがありません。
どこかで自分でキリをつけて、判断すべきこともあるでしょう。