より安全にカラコンを着けるなら度数選びは慎重にすべき

安全も何も度数が違えば危険になるのがカラコン

初めてカラコンを買う前に眼科で受診して、度数やベースカーブを知ることも大切です。

 

目が悪い人、近視の人は「度あり」のカラコンを選ぶ人が多いと思います。
もちろん、中には「度なし」を使ったメガネをかける人もいると思いますが。
よくカラコンのスペックを見ると「度あり」「度なし」と記載されていますが、「度あり」ならどれでも同じというわけではありません。
まずは度数の話ですが、「-0.00」は「度なし」ですが、「度あり」は、マイナスの数値で度数を表します。
「-3.00」とかですね。
この数値の幅がカラコンによって異なる場合があるということです。
「-6.00」「-8.00」までのものもありますし、「-10.00」まであるものもあります。
つまり、「度あり」だから大丈夫と思っていざ注文しようとすると、自分に合う度数のがないということもありえます。
度数選びは眼科で診てもらってから
時々掲示板やQ&Aサイトなどで、自分の視力を書き込んで、それに合うカラコンの度数を質問する方もいます。
普段の視力とカラコンの度数は全く別物になりますが、だいたいの視力で、それに合いそうな度数というのは分かります。
しかし、初めてカラコンを購入する場合は、やはり眼科での受診が必須かなと思います。
目医者さんでもカラコンに否定的な方もいるでしょうし、処方箋だけもらうことは難しい可能性もあります。
目は大切ですし、何かあってからでは遅いからです。
通販では処方箋なしでも「度あり」カラコンを購入することが出来ます(これを書いてる時点のことです)。
ただでさえ、カラコンは目に負担がかかるものですが、度数の合ってないカラコンをつけることにより、さらに視力が低下したり、目の疾患に繋がるようでは元も子もありません。

眼科で受診して視力に合ったのをつけることになっても、定期的に受診し、視力が落ちているならそれに合ったものにしたほうが良いですので、その都度度数を検討することも必要になるかと思います。
確かに、近くに眼科がない場合や、時間の都合でなかなか行けないかもしれませんが、安全につけるためにも、カラコンをつけるなら、眼科での受診が当たり前という感覚を持つのも大切かなと感じています。
ちょっと話が逸れるけど、安心して買えるお店がいいよね。バースデーカラコンのmoonなんてのは、かなり詳しく安全性について書かれてるので嬉しいです。

 

よく考えると安全な韓国カラコンの定義なんてそもそも存在しません。私の心持ちと行動しだいで、より危険になる可能性は秘めていると考えます。