韓国カラコンのバリエに満足|付けたい人限定

ありきたりを卒業するなら韓国カラコン

目が悪いのでコンタクトはずっと使ってきたけど、カラコンがすきになり、今ではランキングをチェックしたり装着画像を見てたり楽しんでます。
長期使用のと1dayタイプのをどっちも使ったことがあるけど、それぞれメリットがありますね。
どっちがいいとかってないです。
それは本人が決めることなので、用途だったり、お手入れのことだったりいろんなことを考えて決めればいいことですからね。
お肌のことでも一緒ですね。
メイクに決まりはないですし。
ついでスキンケアのことも。紫外線は、肌のくすみの最も大きな原因です。
化粧水、乳液と1つ1つ塗っていく必要がなく、これ1つだけ塗れば完了なので簡単にスキンケアができると人気が高くなっています。
なにかしらの肌に対するケアーを施すかと思います。
乾燥肌対策としては洗い過ぎに十分な注意が必要です。角質層がめくれている状態は、外からの異物が侵入しやすい状態であり、バリア機能が低下していると言えます。顔のツッパリ感を感じるようになって1、2週間経った頃からは今度はお風呂上がりに背中やお腹周りが痒くなってきます。顔などに関しては基礎化粧品の使い慣れたラインを乾燥肌用などにチェンジすることを試してみても良いでしょう。

 

カラコンランキングでは、いろんな角度から選べるのが楽しいです。
デザインや1dayか長期使用かとかですね。
私自信は毎日つけるわけではないので、1dayのほうが合ってるかな。どんなのが人気なのかな。

 

ところでワンデーではなく、1年使用といえば韓国カラコンでしょう。どういう特徴があるか見て行きます。

韓国カラコンに多い1年使用と最近の1day

カラーコンタクトの使用期間についてです。
日本で販売されているカラコンでもシェリエやモテコンなどは1年使用です。ただ、多くはワンデーや1ヶ月使用かと思います。リサーチしたわけではありませんので、具体的な数字を出すことは出来ませんが。
韓国カラコンの場合はというと、結構1年使用が多いんです。ワンデーだけ発売してるブランドは私は知りません。
ワンデーも発売はされているのですが、1年使用と比べると小数だと思います。
それでも最近は、1dayの使い捨てタイプも増えてきているような気がします。

韓国カラコンのナチュラル・ハーフ・デカ目

これも先ほどの使用期間同様思い込みなのかもしれませんが、韓国カラコンイコールデカ目というイメージがありました。
確かにど派手なデザインも多いです。コスプレに使いたくなるようなデザインのもあります。
ただ、どのブランドにもだいたいナチュラル系はあります。例えばDIA14.0mmとか14.2mmとか比較的小さい直径のタイプですね。
ハーフ系だったりデカ目となると、やっぱり多いと思われます。
よく見かけるのが「着色直径16.0mm」とか書かれてるページです。でもこの着色直径はレンズを潰した状態での測定値のことでしょうから、実際のDIAは14.5mmとか14.8mmだったりしますよ。

韓国カラコンは長く使えて安いのが多い

韓国カラコンのバリエーションを考える
韓国カラコンで例を挙げるとロデオなんかもありますね。
とにかくデカいが特徴のウルトラビッグを筆頭に数種類あります。
ピンキーデビルの発色もデザインもそのままでサイズアップとなったんです。
直径が14.7mmになったピンキーデビルシリーズのウルトラビッグです。
ちょっと価格は高くなったけど、それでも度なしなら1,980円だからね。度ありでも3,480円って安いよね。
最長1年使えるからこそ、キャストモールド製法のレンズが薄いのっていいよね。

 

さすがにこのサイズになってくると装着画像を見るだけでもデカいのが分かるよね。

 

口コミでもやっぱりその大きさのことを書いてる人が多いかな。
デカくて派手なのがいいならこれはもってこいだね。
心理的に韓国カラコンについてを考えてみると、いろんな思惑を想像できるのですが、それはまた今度にしたいと思う。それよりもうちょっと想像できるような自分を模索しているところです。

 

ピンキーデビルの中で1番大きいウルトラビッグですが、直径14.7mmってのは、ジルのハニーバニー、シャーベットの14.8mmよりもほんの少し小さいよね。
でもジルのほうがデザインがナチュラルだから、こっちのほうが大きく感じるかもね。
glamといえば韓国カラコンの中でもブログでよく言及されています。確実に安全な韓国カラコンというものは存在しませんから、自己判断、自己責任で使うしかありません。